PCでドイツ語を読み書きするには


PCで ä, ö, ü, ß を入力するには

Windows XPの場合
「スタート」→「コントロールパネル」→「キーボード」→「地域と言語のオプション」→ 「言語」→「詳細」→「追加」の順にウィンドウを開き、 さらに「ドイツ語(ドイツ)」を選択して「OK」をクリック、 最後に「テキスト サービスと入力言語」の画面で「適用」をクリックすれば設定完了。 これで、「左Alt」と「Shiftキー」を同時に押すたびに、キーボード配列が英語用、ドイツ語用と変わります。 ドイツ語キーボードでは、「れ」のキーが「o」、「け」が「a」、「@」が「u」、「ほ」が「s」となり、 さらに「Y」と「Z」が入れ替わります。
Macintosh(OS X)の場合
「アップルメニュー」→「システム環境設定」→「言語環境」の順にウィンドウを開き、 「入力メニュー」のタブをクリックして、リストの中から「German」を選択して、 「言語環境」のウィンドウを閉じれば設定環境です。 キーボード配列はメニューバーに表示されている入力メニュー(日本語の場合は「あ」と表示)から切り替えることができます。 「Option」+「Command(アップルキー)」+「スペースバー」を用いても切り替えることができます。

インターネットでドイツ語文字を正しく表示させるには

文字の表示を欧米語対応にします。

Internet Explorer の場合
「表示」→「エンコード」→「西ヨーロッパ言語」を選択
Netscape Navigator の場合
「表示」→「文字コードセット」→「欧米」の順にクリック
Safariの場合
「表示」→「テキストエンコーディング」→「欧米(ISO Latin 1)」を選んでください。

メールでドイツ語文字をどうするか

ä = ae, ö = oe, ü = ue, ß = ss で代用します。 大文字なら,Ä = Ae,Ö = Oe,Ü = Ue です。 キーボードをドイツ語用に設定すれば文字を入力することは可能になりますが、 相手側では文字化けして読みにくくなってしまうこともあるので、 メールでは ä, ö, ü, ß は使わないほうが無難です。

HTMLでドイツ語文字を表現するには

主にWebページを制作する人のための情報です。 HTMLでドイツ語文字を表現する場合は、直接文字を入力する代わりに、以下の文字列を使います。

ä
ä
Ä
Ä
ö
ö
Ö
Ö
ü
ü
Ü
Ü
ß
ß

以下に使用例を載せます。

HTML記述
Ludwig-Maximilians-Universität München
ブラウザでの表示
Ludwig-Maximilians-Universität München

一部の掲示板でも、この方法を使ってドイツ語文字を書き込むことができます。


Copyright (C) 2005 Abteilung Deutsch, SFC Keio University. All Rights Reserved.