ドイツ語研究室のHPへようこそ。ドイツ語研究室の情報について発信していきます

ミュンヘンだより第1号

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ご無沙汰しております。ドイツ語研究室SAの松枝です。

生活の方が落ち着きましたので、ご連絡させていただきました。

 

10月1日から寮に入り、寮の契約や住民登録、保険、通信、銀行など各種手続きを済ませました。

 

寮とキャンパスがあるのは、ミュンヘンではなく郊外(空港近く)のフライジングです。

人口は約4万人と程よく、伝統的な建物があり、緑豊かな街です。

部屋はWGで、ルームメイトはドイツ人の正規学生であるため、とても助かっています。

 

そして15日から授業が始まりました。現在はドイツ語と英語、入門編の講義をいくつか履修しています。

週3日はミュンヘン、週1日はフライジングといった感じで、市内へはDeutsche Bahnで通っています。

 

S.S.さんも同じ寮に住んでおり、困ったときは協力するようにしています。

クラブ活動はありませんが、山好きのドイツ人とバイエルンアルプスに登ったり、国際交流イベントに参加したりしました。

また昨晩はミュンヘンで日独交流会があり、LMUのjapanologieの学生さんと仲良くなりました。

 

体調管理に気をつけつつ、これからも勉強と交流に力を入れたいと思います。

みなさまもどうぞお体に気をつけてお過ごしください。

 

P.S. 街と寮の写真を添付しました。

 

 

 

 

 

慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス

λ410