ドイツ語の各種試験について

独検 (ドイツ語技能検定試験)
日本で実施されているドイツ語の検定試験。 1級、2級、3級、4級の4つのレベルがあり、 うち3級と4級は6月と11月の年2回、1級と2級は年1回で11月に実施。 3級と4級は筆記試験のみ。1級と2級は筆記試験に加えて面接試験もあり。

実施期間 内容
1級 11月 筆記および面接
2級
3級 6月/11月 筆記
4級

インテンシブG3履修中には、3級に合格することができるでしょう。 詳しくは下記サイトで。独検 online

ゲーテ・インスティトゥートの試験
国際的に通用するドイツ語試験。 Start Deutsch 1Start Deutsch 2、 ZD (Zertifikat Deutschドイツ語基礎統一試験)、 ZMP (Zentrale Mittelstufenprufung ドイツ語中級統一試験) など、 いろいろなレベルの試験があります。 ZDは日常的な場面においてドイツ語で生活できることを証明する試験です。 インテンシブG3のあと 1~2学期勉強すれば、合格圏内に入ることができるでしょう。 ZMPは中級程度のドイツ語の知識があることを証明する試験で、 ドイツの多くの大学ではこの試験を大学入学レベルに必要なドイツ語力として認めています。ゲーテ・インスティトゥートの各種試験についての詳細は下記サイトで。 Goethe-Institut Tokyo – ドイツ語コース – はじめに – 検定試験

オーストリア政府公認ドイツ語能力検定試験 (OSD)
「初級」「ZD(Zertifikat Deutschドイツ語基礎統一試験)」「中級」などのレベルがあり、 各レベルとも筆記試験と口述試験によって構成されています。 試験は1月と6月の年2回実施。詳しくは下記サイトで。オーストリア政府公認ドイツ語能力検定試験

塾内の交換留学を考えている人は、いずれかの試験を受験することをすすめます。 質問・相談がありましたら、ドイツ語研究室まで(deutsch-sa@sfc.keio.ac.jp)。