時間割

2017年春学期のドイツ語の時間割です。

原則的に、ドイツ語研究室では木曜日に授業は開講していません。

 

  月曜日 火曜日 水曜日 金曜日
1
  • G1A (Häußermann) κ15
  • G1B (Kunst) κ13
  • G2B(Grasmück) κ14
  • G2A (Kunst)κ21
  • G2B(藁谷)κ22
  • G1A(赤松)κ22
  • G2A (小笠原) κ13
  • G1B(中川)κ13
  • G3A(Häußermann)κ15
2
  • G2A(Häußermann)κ17
  • G3A(Grasmück) κ14
  • B2A(中川)k15
  • Skill – G4(Kunst) k22
  • G1A (平高) κ15
  • G1B (Nickel)κ13
  • G3A(Schlöndorff)κ21
  • Skill(Kunst)κ22
  • G1B(赤松)κ22
  • G2B(小笠原)κ13
  • G3A (Wittstock) κ15
  • B2A(Nickel)ι17
  • G1A(中川)κ13
  • G2B(Häußermann)κ21
  • G2A (Haas) κ15
3
  • B1A (中川) κ15
  • B1C (Grasmück) κ14
  • Skill (kunst) ε14
  • B1B(Kunst)κ22
  • Skill (藁谷) κ13
  • 地域論 ※1 (ドイツ語圏) (Schlöndorff) κ21
  • B1B (Wittstock) κ15
  • Skill – G5(赤松)κ22
  • Skill – G5(Haas)κ15
  • Skill – G4(中川)κ13
4
  • B1A(Wittstock)κ21
  • B1C(木村)κ13
5    
  • 日独社会研究 ※1 (Grasmück) ο16
 

 

授業の内容(何日にどの課をやるか)などを知りたい方は、授業カレンダーのページをご覧ください。

※1 これらの科目を履修する際には、講義科目もしくは言語コミュニケーション科目のどちらとして履修するか選択することができます。例えば火曜日4限の場合、講義科目として履修する場合は「地域論(ドイツ語圏)」(14学則)もしくは「地域統合論」(07学則)として、言語コミュニケーション科目(14学則)として履修する場合は「ドイツ語コンテンツ」として登録してください。