ドイツの魅力紹介

旅行のガイドブックにはのっていない、私たちドイツ語研究室が考えるドイツの魅力をご紹介します!

 

ドイツの街並み

484856_424330674323186_885681824_n

ドイツの街並みは美しいところが多いです!

建物の見た目が統一されていて、雰囲気が有ります。

682_427962413960012_1617064829_n

特に旧市街などに行くとさらに綺麗です!
街によって家の模様や様式が違うこともあります。

またドイツは道が広く、とても歩きやすいです。
可愛い雑貨屋さんやレストランなども多く、歩いているだけでも楽しくなります!

berlin cafe

301579_424329280989992_1324137845_n

 

 

 

 

 

 

たとえば、これはベルリンの通りにあるカフェです。
内装がおしゃれなだけでなく、出されるスイーツや飲み物も美味しいです。
この写真のスイーツはワッフルにカスタードとクルミを載せたもので、飲み物を合わせて5€(500円程)でした!

 

ドイツの食べ物

ドイツと言えば、ソーセージとビールがまず思い浮かぶと思います。
勿論ドイツのソーセージとビールは最高です!
街には屋台が出ていて、焼き立てのソーセージを食べることができます。

733853_428809037208683_44178077_n

これは「カリーブルスト」です。

「カリー」は「カレー」、「ブルスト」は「ソーセージ」なので、合わせて「カレーソーセージ」という意味になります。
その意味の通り、ソーセージにケチャップとカレーパウダーがかかっています。
ドイツ人にとってとてもポピュラーなファストフードです。

 

 

 

 

そしてこれ以外にも、まだまだおいしいドイツ料理はたくさんあります!

“シュニッツェル”という豚のカツレツ、“アイスバイン”という豚肉を香辛料と共に煮込んだ、“ザワークラウト”というキャベツの漬物なども有名です^^

ドイツというと甘いもののイメージはあまりないでしょうか?しかし実はドイツには甘いものもたくさんあります!
有名なお菓子には、ハリボーというグミがありますね。
ドイツではシーズンごとに食べるお菓子などもあり、イースターの時期には卵の形をしたチョコレートなどがたくさん売り出されます。

20101020-コピー ~ 2008ny 324

これは「シュトレン」です。

ドイツ人はクリスマスまでにこのシュトレンを一切れずつ食べて、クリスマスを待ちます。一見普通のケーキに見えるかもしれませんが、中にフルーツやナッツが入っていたり、独特な甘さがあってとてもおいしいです^^

(SFCのドイツ語の先生は、たまにクリスマスに近い授業の日にこれを持って来てくれます!)

 

 

552002_428808980542022_1887573383_n

そしてこれは「グリューワイン」と言います。

これもクリスマス期間に飲まれるものです。赤ワインと果物、スパイスを加えて煮たもので、独特の味わいがとてもおいしいです。(毎年ドイツ語研究室主催のクリスマスパーティーでも振舞われますよ!)

 

 

 

 

 

ドイツの文化

ドイツの文化で思い出すのはなんでしょうか?

美術館、オーケストラ、 童話、お城、映画………一度では語りきれないほどの魅力が詰まっています!

独断と偏見で、有名なものをいくつかピックアップしてご紹介します!

☆美術館☆

ドイツのベルリンには、”博物館島”というところがあります。487820_424329144323339_1727404654_n

川で囲まれた地区に5つの美術館・博物館があつまり、まるで島の様であることからその名前がつきました。

それぞれの美術館・博物館にはたくさんのコレクションがあり、全部見ようと思ったら一日では足りません。また、この場所の周辺には美術館だけではなく、左の写真の様な大聖堂もあります。

ドイツで文化を楽しむには、絶好のスポットです。

 

☆オーケストラ☆

ダウンロードベルリンには、有名な ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団がいます。
この写真は、その管弦楽団の本拠地です。(外観がかっこいい!)

本物の演奏を誰でも楽しむことが出来ます。学生の場合、夜の部のチケットが余っていてその場で購入すると、たったの10€(1000円程)で見られる時もあります。とってもおすすめです。

 

 

☆おすすめの映画☆

51VSUhHV5ELノッキン・オン・ヘブンス・ドア

ドイツで大ヒットしたアクション映画です。

突然余命わずかと宣告されたマーチンとルディは、「海を見よう」と言って病院を抜け出します。途中で盗んだ車の中にはギャングの大金が積まれていて、二人はそのお金を使って大暴れします。人生残り少ない二人には怖いものなどなく、やりたい放題やってのけてしまいます。最初は犬猿の仲だった二人ですが、徐々に友情も深まっていき、最初はドタバタだったシーンも、だんだんとシリアスになってきます。

ドイツ語をほとんど聞き取れないままに見ても大笑い出来て、大泣き出来るような映画です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です